3万円借りる

給料日前に突然飲み会が入ってしまったり、突然のトラブルで予期せぬ出費に見舞われたり、急にお金が足りなくなるという時には、消費者金融のキャッシングサービスが便利です。

 

消費者金融は怖い?

消費者金融からお金を借りることに怖いイメージを抱いている人は非常に多いです。確かに、借金は慎重に行うべきです。しかし、必要以上に恐れることはありません。

 

消費者金融というと、違法な金利や厳しい取り立てなどが想像されやすいのですが、それは昔の話です。法に則って経営しているきちんとした消費者金融ならば安心安全にネットでお金借りることができます。

 

初めてのキャッシングであれば、大手消費者金融から借り入れできる可能性は非常に高いです。収入があれば誰でも簡単に申し込みできます。

 

また大手の消費者金融のいくつかでは、初回利用に限り無利息期間を設けています。一定期間内であれば利息がかからないというサービスで、無利息期間内に完済できれば利息の支払いは全くありません。
給料日前に少しだけお金を借りたいという時にピッタリです。すぐに返済してしまえば借金がかさむ心配もありません。

 

誰でも借りられる?

消費者金融に限らす、お金を借りる前には必ず審査があります。

 

審査と聞くと不安に感じるかもしれませんが、初めてキャッシングを利用する人で、少額利用ならかなりの高確率で審査に通過できます。

 

消費者金融の申し込みには「自分に収入のあること」が条件であるため、専業主婦やアルバイトをしていない学生は申し込みできません。しかし、収入があれば雇用形態は問いません。派遣社員やフリーター、アルバイトでも十分審査通過の見込みがあります。

 

申し込み前に準備するもの

基本的には本人確認書類として免許証一枚あればOKです。

 

少額利用なら収入証明も要りません。
基本的に、収入証明が必要になるのは、希望限度額が50万円以上の場合と他社からの借り入れ合計金額が100万円以上になる場合だけです。

 

保証人や担保も必要ありません。保証人を探すのは大変ですし、担保になるものを決めるのには時間がかかるため、これらの準備がないのは非常に便利です。

 

面倒な書類などの準備がなく、免許証さえあれば簡単に申し込みできる場合がほとんどで、短時間で申し込みが完了します。
本人確認書類の提出にはスマートフォンのカメラを利用するため、郵送などの手間もありません。

 

使いみちは自由

住宅ローンや自動車ローンでは借りたお金の使いみちが決められていますが、多くのカードローンは用途自由です。申し込みの際に用途を聞かれることもありません。
生活費に使っても良いですし、旅行や習い事に使うのも良いでしょう。
ただし、事業資金への使用は禁止されていることが多いです。

 

使いみちは自由ですが、だからといって使いみちを考える前に借りてはいけません。気軽に使えるお金が増えたと錯覚してしまうと、あっという間に借金が膨らんでしまいます。
借りる前には必ず、何のためにいくら必要で、そのうちどのぐらいを借りる必要があるのかをしっかり決めた上で、必要な金額だけを借りるようにしましょう。

 

 

返済はどのぐらい?

カードローンでは毎月同じ金額を返済することになります。

 

具体的な返済額は金利や、消費者金融によって異なります。
例えば3万円を借りた場合、アコムなら月2000円、アイフルなら月4000円、モビットで月4000円、プロミスで2000円が目安です。

 

消費者金融の公式サイトでは返済シミュレーションができるようになっています。借りる金額が決まったら、このシミュレーターを使って、毎月の返済額を確認してください。

 

返済に充てるこができるのは、毎月の収入から生活費など必要な支出を引いた残りの金額です。こうした自由に使えるお金を可処分所得と呼びます。
もし返済金額が可処分所得を上回るようなら、借入額を減らしましょう。返済のために借金をしたり、生活費の足しにするために新たな借り入れをしたりすることになってしまうためです。

 

また、返済は毎月のもの以外にも、任意で追加返済することも可能です。キャッシングでは毎月の返済額が少なく負担が軽い代わりに、返済が長期化しやすく利息も膨らみやすいという欠点があります。一括返済や繰り上げ返済を積極的に行い、できるだけ短期間で完済するように心がけましょう。

 

キャッシングの審査に通るコツ

キャッシングの審査に最も通りやすいのが、初めて利用する時です。他社からの借り入れもなく、信用情報に借り入れの記録も照会の記録もないためです。ただ、間違いやミスがあるとはじめての申し込みでも審査に落ちてしまうこともあります。
折角の機会を無駄にしないためにも、確実に審査に通るためのコツをいくつか紹介します。

 

・情報は正確に入力
申し込みの際に入力する情報には間違いや嘘がないように最新の注意を払いましょう。入力情報に誤りがあると、条件を満たしていても通過できなくなる可能性があります。
他社からの借入件数や金額が多いと審査に通過しにくくなるため、ごまかしたくなるケースも多いのですが、借入状況については信用情報を紹介すれば簡単にわかってしまいます。嘘をついたとわかれば、審査には非常に通りにくくなります。

 

・希望限度額はできるだけ小さく
限度額は小さい方が審査に通りやすいです。必要な金額だけにするか、選択できる中で最低金額を選ぶようにしましょう。
限度額が50万円以上になると収入証明が必要になることにも注意が必要です。

 

また、消費者金融の場合は総量規制の対象であることも忘れてはなりません。他社からの借入額合計が年収の3分の1を超えないように限度額を決めましょう。

 

・一度にたくさん申し込まない
審査では必ず信用情報の紹介を行いますが、信用情報には照会の記録も残ります。
一度にたくさんの消費者金融に申し込むと、信用情報にもその痕跡が残り、とてもお金に困っているようにみえたり、たくさんの消費者金融の審査に落ちてしまったようにみえたりしてしまい、印象が非常に悪いです。

 

無駄な照会記録を残さないためには、申し込みの順番が大切です。まずは金利の低い条件のよいカードローンに申し込み、それがダメなら別の所に申し込むようにしましょう。